学校法人東北学院

監事監査

1.学校法人東北学院の監事監査

学校法人東北学院における内部統制の推進は、本法人の健全な経営と発展及び本法人が設置する各学校の教育研究機能の向上を目指す上で重要です。そこで、内部統制の一端を担う監事による業務監査及び会計監査をこれまで以上に充実させるため、平成23年度(2011年度)から3名の監事のうち1名を常勤としています。さらに、監事の義務・権限・監査項目等を明確にし、監事の職務を円滑かつ適切に行うようにするため、「学校法人東北学院監事監査規程」を制定しています。

なお、平成24年(2012年)4月から、新たに理事長直属の「内部監査室」を設置し、内部監査担当者による内部監査制度を導入しました。これにより、独立監査人(公認会計士)、監事、内部監査担当者の三者による『三様監査制度』を確立しています。

2.監事

3.関連規程

学校法人東北学院監事監査規程 (PDF:100KB)