TG Grand Vision 150(東北学院中長期計画)

TG Grand Vision 150の策定にあたって

学校法人 東北学院
理事長 松本 宣郎

ここに<東北学院中長期計画 TG Grand Vision 150>を策定、公表する運びとなりました。学校法人東北学院(以下、「本院」という。)が、2036年の創立150年を見据え、存続、発展してゆく導きの糸としての、明確な理念と方針を示したものであります。これより後本院は、このビジョンに則ってさまざまな事業を展開してゆく所存であります。

TG Grand Vision 150がめざしているものは、そのモットー「ゆたかに学び 地域へ 世界へ -よく生きる心が育つ東北学院-」に示されているとおり、東北学院の卒業生が「地の塩、世の光」として地域に世界に活躍するための「ゆたかな学び」、とりわけ「よく生きる心」を育む学び、を在学期に十全に提供し、自らのものとさせること、です。それは、東北学院の建学の精神にもとづいた人間教育・人格教育の継続・発展にほかなりません。

しかし、同時に、TG Grand Vision 150は、伝統のなかから新しい東北学院を創造することをめざします。それが、基本戦略としての「新しいTGブランドの確立」です。東北学院が現在もっているブランド力に新しい要素を付加し、東北学院のブランド力をさらに強化していこうというものです。その中核となるのは「教育の質保証」と「学生・生徒第一主義」であり、地域や社会のニーズへの敏感な対応です。

あらためていうまでもなく、日本の私立学校は、少子化の時代にあって、大変厳しい状況に直面しています。TG Grand Vision 150は、東北学院が明確なブランド色を打ち出し、地域におけるプレゼンスをさらに高めることで、この危機を乗り越え、さらには危機をチャンスに変えるための計画であります。それは、単なる願望の表明、夢想ではありません。本院は、このTG Grand Vision 150を着実に実施していくことで、東北学院が新たな発展をとげることが可能であると確信し、そのための強い覚悟をもっています。

本院を構成するすべての方々が、TG Grand Vision 150及び第Ⅰ期中期計画の趣旨と内容を共有し、それぞれのもち場から、その目標達成に向けての推進力となってくださいますよう、切にお願いするものであります。

TG Grand Vision 150 及び第Ⅰ期中期計画 (PDF:929KB)