学校法人東北学院

東北学院創立135周年記念募金へのお願い

「募金」への協力のお願い

学校法人東北学院は、1886年に、キリスト教伝道者押川方義とアメリカ合衆国宣教師ウィリアム・E・ホーイの両名の協力によって仙台に創立され、2021年度には創立135周年を迎えます。

本院はこれまで、「LIFE LIGHT LOVE」、「地の塩、世の光」をスクールモットーとして人格教育に努め、18万8千人余名の卒業生を輩出して参りました。このことは、学都仙台における本院の大きな功績であると自負しています。

今後さらに将来にわたって、良質かつ高度な教育研究を継続し、東北地方における優れた人材の育成に貢献することが本院の社会的な使命であると認識しています。そして、新しい時代の要請に十分に対応できる教育研究環境を整備し充実させることはもとより、東日本大震災で被災された本院の学生、生徒、園児に対する強力な支援も忘れてはなりません。

これら本院のなすべきことを達成するためには、まずもって本院の経営努力を重ねることが第一と心得ておりますが、しかし自助努力には限りがあるのも事実です。この創立135周年という機会に、改めまして、同窓生の方々、学生、生徒、園児の保護者の方々、一般社会の人々、本院とご縁のある企業その他の関係者の方々に対し、暖かいご理解とご支援をお願いする次第です。

どうか、私たちの思いを受けとめていただき、募金活動へのご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。