学校法人東北学院

東北学院創立130周年記念事業 募金へのお願い

東北学院創立130周年記念事業募金

学校法人東北学院は、平成28(2016)年5月に創立130周年を迎えました。その前後5年間(平成26年度から30年度まで)を募集期間と定め、新たに「東北学院創立130周年記念事業募金」を開始しております。

記念事業は主に三つの事業で構成されております。

一つは、東北学院大学総合キャンパス整備事業、次に、重要文化財旧宣教師館(デフォレスト館)の整備と保存、そして、東北学院各校の教育と奨学制度のさらなる充実であります。

つきましては、まことに恐縮に存じますが、東北学院の建学の精神と教育の基本方針を深くご理解くださいまして、なにとぞ「東北学院創立130周年記念事業募金」へのご支援を賜りますよう心からお願いいたします。

事業1 東北学院大学総合キャンパス整備事業

東北学院大学アーバンキャンパス整備事業募金

東北学院大学総合キャンパス整備事業は、その第一期として土樋キャンパス北地区に延床面積約12,000㎡の新校舎を建築することから始まり、平成28(2016)年春、ホーイ記念館が無事落成し、学生たちの新たな学びの場として結実するに至りました。これまでの皆様方からの御篤志に厚く感謝申し上げるとともに、ここに謹んでご報告いたします。※1

さらに、第二期として平成29(2017)年3月に、仙台市より仙台市立病院跡地の譲渡を受け、平成29(2017)年4月からは、仙台市の都心に新しく五橋キャンパスの整備事業を進めていくこととなりました。

新キャンパスは、市民に開かれたキャンパスとして、公開講座の開催等で市民が学ぶ機会を創出するとともに、レストランやホールなど憩いの空間を備え、地域との連携拠点としての機能を持たせることで、市民と学生の新たな交流の拠点ともなるよう、計画しております。土樋・五橋の一帯にこうして築かれる開放的な都市型キャンパスを、この機会に東北学院大学アーバンキャンパスと称することに致しました。

さらに第三期として、老朽化の進む土樋キャンパスの一部の校舎の建替を行い、新キャンパスとの連携のもと、学都仙台の一翼を担い、「地(知)の拠点」として、建学の精神を継承、展開させることによって東北学院の使命を果たしたいと願っております。※2

  • ※1 ホーイ記念館の完成に伴い、平成29(2017)年3月までに募金のお申し込みをいただき、芳名の掲載をご承諾された方につきましては、東北学院時報及びホームページにご芳名の掲載を行わせていただきました。さらに、上記の期間に1口10万円以上お申し込みをいただき、ご芳名の掲載をご承諾された方は、ホーイ記念館内の寄付者銘板にも掲載をさせていただきました。
  • ※2 平成29(2017)年4月以降、募金のお申し込みをいただき、ご芳名の掲載をご承諾された方を対象に、東北学院時報及びホームページに掲載をさせていただきます。掲載をご承諾された方は、五橋キャンパス内の寄付者銘板にご芳名を掲載させていただく予定です。

事業2 重要文化財旧宣教師館(デフォレスト館)整備・保存事業

デフォレスト館整備・保存事業募金

デフォレスト館(旧シップル館)

東北学院大学土樋キャンパスにある旧宣教師館(デフォレスト館)は、平成25(2013)年3月に国の登録有形文化財に登録され、平成28(2016)年5月には、外国人宣教師用住宅の最初期の遺例(近代/住宅)として新たに国の重要文化財(建造物)に指定されました。この洋風建築は、明治20(1887)年に建てられたもので、現在残っている宣教師館としては国内で最古とされているものです。建築史学的にも貴重な建物ですが、これまでの経年劣化に加え、東日本大震災により深刻な被害を被ったため、現在立ち入り禁止の措置をとっております。この歴史的建造物を復元・保存することは、単に東北学院のみならず、地域の文化遺産の継承という点からも大きな意味を持つ事業といえます。東北学院は、上記キャンパス整備事業と一体的にこの事業を実現する計画を立てています。

※本募金につきましては、募集期間内にお申し込みをいただき、芳名の掲載をご承諾された方を対象に、芳名録、東北学院時報及びホームページにご芳名を掲載させていただきます。

事業3 東北学院各校の教育と奨学制度の充実のための事業

東北学院大学スポーツ奨学金募金

東北学院大学のスポーツ活動の強化、学生・同窓生の東北学院への帰属意識の高揚及び地域社会への貢献を目的として、特に優れたスポーツの実績を持ち、本学への入学を希望する学生の競技生活を奨励・支援するために新たに設けられた奨学金への募金です。

東北学院大学TGスカラーシップ希望募金

東日本大震災で被災した学生への経済的支援のための募金です。

東北学院大学緊急給付奨学金募金

勉学意欲、人物ともに優良でありながら家計支持者の死亡、疾病、失業等により家計状況が急変し、修学困難になった学部学生(外国人留学生は除く。)を対象に学資を給付することを目的とする奨学金への募金です。

東北学院中学校・高等学校奨学資金拡充及び教育環境整備募金

東北学院中学校・高等学校に在籍している生徒に対する給付型奨学金の拡充及び教育環境の充実を図るための募金です。

東北学院榴ケ岡高等学校奨学資金拡充及び教育環境整備募金

東北学院榴ケ岡高等学校に在籍している生徒に対する給付型奨学金の拡充及び教育環境の充実を図るための募金です。

東北学院幼稚園教育事業支援募金

東北学院幼稚園の教育事業の充実を図るための募金です。

なお、「教育研究基金」、「育英奨学基金」、「国際交流基金」、「月浦奨学基金」、「小田宣教基金」、「キリスト教伝道者養成奨学基金」、「神学奨学基金」、「月浦賞基金」、「郡山賞基金」、「児玉賞基金」(基金設定順)につきましても、これまで通りに募金として募りますので、皆様からのご支援をお願いいたします。

募集要項

1 募集目標額

10億円

2 募集期間

平成26(2014)年4月1日~平成31(2019)年3月31日

3 寄付金額

1口1万円(何口でも)

4 申込み・払込方法

詳しくはお申込み方法をご覧ください

5 減免税措置

詳しくはこちらをご覧ください。