学校法人東北学院

東北学院大学

礼拝堂とオルガン

ラーハウザー記念東北学院礼拝堂

ラーハウザー記念東北学院礼拝堂

ラーハウザー記念東北学院礼拝堂は、昭和7(1932)年3月に土樋キャンパスに献堂されました。J. H.モルガン(米国)の設計によるカレッジ・ゴシック洋式の礼拝堂です。収容人員は900名で、外壁に地元秋保産の石が使われています。シュネーダー第二代院長の米国における募金活動に賛同して献金を寄せたエラ・ラーハウザー嬢の名前がつけられています。正面のステンドグラスは、イエス・キリストの昇天(ルカ福音書24章51節)の場面を極彩色で描いたもので、英国より輸入されました。講壇向かって右側に、当時北日本唯一のオルガンとして活躍した米国モーラー社の楽器がその形のみをとどめています。平成26(2014)年12月19日、国の登録有形文化財に登録されました。

ラーハウザー記念東北学院礼拝堂

現在使われているオルガンは、講壇の左側とバルコニーの一角を使い、昭和53(1978)年12月に配置されました。ドイツ(ハンブルク)のベッケラート社によるネオ・バロックスタイルの楽器です。演奏台正面の最も小さいケースにブルストヴェルク、これを囲み立つフロントパイプ(プリンシパル8')の後方にハウプトヴェルク、木の鎧戸を境にして更にその奥にシュセルヴェルクのパイプを収めてあり、バルコニー上で連結された二つのケース内はすべて足鍵盤用です。

泉キャンパス礼拝堂

泉キャンパス礼拝堂

泉キャンパス礼拝堂は、昭和63(1988)年に開設された泉キャンパスの入り口のもっとも目立つ場所に献堂されました。席数は1200席で、正面には田中忠雄氏作、高さ10.7mのステンドグラスがあります。下から見上げると「イエス・キリストの十字架、復活、昇天」(マルコ福音書15章21節、ヨハネ福音書20章26~29節、使徒言行録1章9~11節)の場面が青色を基調として描かれています。また、正面に向かって左側には、降誕(ルカ2:15-17)、受洗(マルコ1:9-11)、空の鳥をみよ(マタイ6:25-34)、サマリアの女(ヨハネ4:1-42)、右側には、五つのパンと二匹の魚(マルコ6:30-44)、地面に字を書くイエス(ヨハネ8:1-11)、最後の晩餐(マルコ14:22-26)、ゲッセマネの祈り(マルコ14:32-42)などが描かれており、イエス・キリストの生涯がステンドグラスで現されています。

泉キャンパス礼拝堂

泉キャンパス礼拝堂には、長年に渡りフランスの歴史的名器を修復、再構築してきたアルフレッド・ケルン社製作によるフレンチ・クラシカルオルガンがあります。楽器は講壇左側の大理石の床にシンメトリーな外観を持って立ち、豊かな容積に満席時でも約3秒の残響という恵まれた空間に響き渡ります。リード管はグラントルグ(第1)ポジティフ(第2)レシ(第3)の3段手鍵盤に9列、ペダルに32'を含む4列、計13列を擁し、いずれも優れて個性的、加えれば充実した力強い響きを奏でます。

多賀城キャンパス礼拝堂

多賀城キャンパス礼拝堂

昭和37(1962)年、多賀城市に開設された工学部キャンパスの礼拝堂は、昭和58(1983)年10月に献堂され、そのドーム型の特徴ある姿は、キャンパスのシンボル的存在となっています。座席数は、一階734席と二階266席の合計1000席で、旧約聖書・創世記1章1節「初めに、神は天地を創造された」をモチーフとしたステンドグラスが付設されています。礼拝堂正面左手バルコニーにオルガンが設置されています。礼拝堂の隣には、図書館と体育館が建てられており、東北学院建学の精神と教育の理念が、校舎配置においても表現されています。

多賀城キャンパス礼拝堂

多賀城キャンパス礼拝堂のオルガンは、平成16(2004)年5月に奉献されました。ドイツの代表的オルガン製作所の一つで、日本でも大規模な楽器を幾つも手がけてきたシュッケ社の楽器です。講壇左側のバルコニーに位置し、左ケースにペダルとシュヴェルヴェルク(フランス仕様)、演奏台のある右ケースにハウプトヴェルク(ドイツ仕様)のパイプを配しています。基音ストップが多く、19世紀以降のレパートリーへの指向性とシュッケ社の近年の音づくりを聴くことができます。響きに花を添えるツィンベルシュテルンは、製作者から贈呈されたものです。