学校法人東北学院

東北学院創立150周年
LIFE LIGHT LOVE募金

五橋キャンパス開学に伴う
オルガン移設募金

2023年4月、東北学院大学多賀城キャンパスと泉キャンパスは「東北学院大学総合キャンパス整備事業」の一環で、五橋キャンパスへと集約されます。これを機に両キャンパスのオルガンを移設し、生ける財産として永く活用していく計画を立てました。この大事業を成し遂げるために、皆さまのご協力を賜りますようお願い申し上げます。

特典・顕彰(3万円以上):五橋キャンパス押川記念ホールこけら落し記念コンサートへのご招待(3万円につき1名)&寄付者銘板への記載(匿名でもお受けいたします)特典・顕彰(3万円以上):五橋キャンパス押川記念ホールこけら落し記念コンサートへのご招待(3万円につき1名)&寄付者銘板への記載(匿名でもお受けいたします)

東北学院大学は開学以来、創り主である神を賛美する礼拝を大切に守り続けています。

神の栄光を顕す器としての長い歴史を持つオルガンは、先人たちの知恵と祈りによって大学の3キャンパス全てに備えられ、日毎の賛美を豊かに支え導き、聴く者の心を潤してきました。

2023年4月、東北学院大学多賀城キャンパスと泉キャンパスは「東北学院大学総合キャンパス整備事業」の一環で、五橋キャンパスへと集約されます。これを機に両キャンパスのオルガンを移設し、生ける財産として永く活用していく計画を立てました。2台のオルガン合計で6,011本のパイプ、それぞれの演奏台、ケース、メカニズムから成る大建造物を引っ越す大事業です。

これを成し遂げるために、皆さまのご協力を賜りますようお願い申し上げます。

オルガンの移設について

多賀城キャンパス礼拝堂

ドイツ
シュッケ社製作オルガン

シュッケ社のオルガンは、基音ストップを多く配し、18世紀後半以降のレパートリーに適した音作りの楽器です。泉キャンパスに移設することにより、礼拝だけではなく、多くの人々が音楽を楽しむシーンでも活躍していきます。

多賀城キャンパス礼拝堂

移設移設

泉キャンパス礼拝堂

フランス
アルフレッド・ケルン社製作オルガン

アルザスの名工、故ダニエル・ケルンにより日本に設置された第1号楽器です。フランスの伝統的音色に根ざしつつ、古典から近現代に至るレパートリーを個性豊かに奏で、シンメトリな外観と重厚な音色が新ホールへ受け継がれます。

泉キャンパス礼拝堂

移設移設

五橋キャンパス
押川記念ホール

建設中の五橋キャンパス押川記念ホールは、礼拝・式典のみならず、講演・コンサートなどの各種催事を通し、広く地域へ開かれた場所として機能します。次なる楽章へと進むケルン社のオルガンは、エイジングされた音に新しい空間が与えられ、更なる活躍が期待されます。

五橋キャンパス押川記念ホール

募集要項

1. 募集目標額

1億円

2. 募集期間

2021年8月1日~2022年9月30日

3. 寄付金額

金額の多寡にかかわらずお受けいたします。

4. 支援の方法

【お申込み方法1】
インターネットによるご寄付(クレジットカード決済・コンビニ決済)
東北学院ホームページ寄付金受付
  • 寄付の種類は「五橋キャンパス開学に伴うオルガン移設募金」を選択してください。
【お申込み方法2】
振込用紙による金融機関窓口でのご寄付
  • 所定の振込用紙をご郵送いたしますので、下記問い合わせ先までご連絡ください。
  • 振込用紙の通信欄に、「五橋キャンパス開学に伴うオルガン移設募金」(略称:「オルガン移設募金」でも可)とご記入ください。
【お申込み方法3】
現金による事務室窓口でのご寄付
  • 東北学院大学土樋キャンパス財務部財務課にお越しください。

5. 税制上の優遇措置

詳しくはこちらをご覧ください。