学校法人東北学院

東北学院宗教センター

スタッフの紹介

東北学院院長・宗教センター所長
大西 晴樹

ご挨拶

東北学院に宗教センターが誕生しました。

建学の精神に「キリスト教による人格教育」を掲げるキリスト教学校は数多くありますが、以下の3点は、キリスト教学校であることの必要条件ではないでしょうか。第一に、学校礼拝が定期的に行われていること。第二に、正課に「聖書科」もしくは「キリスト教学」の授業があること、第三に、生徒や学生による自主的なキリスト教活動があることです。これらのいわば「三位一体」が備わって初めて、「キリストの香り」漂う学校といえるのです。

東北学院の場合、第一の学校礼拝は各校において、毎日取り組まれています。第二の「聖書科」、「キリスト教学」の授業に関しては、もちろん各校のカリキュラムの中に組みこまれています。最近では、大学の多くの授業の中でも、学生から最も高い評価を得ている授業がキリスト教学だということを嬉しく思っています。第三の生徒・学生のキリスト教課外活動については、近年どこのキリスト教学校においても弱体化しているようですが、それでも、讃美歌演奏で有名な榴ケ岡高校の吹奏楽部、大学の聖歌隊、そして教職員の「課外活動」である教職員聖歌隊の活動等々が活発になされていることが東北学院の誇りです。

ただ、このような東北学院におけるキリスト教教育やキリスト教活動は、学院全体として共有されているのでしょうか。幼稚園は幼稚園で、中高は中高で、榴ケ岡は榴ケ岡で、大学は大学でキャンパスが異なることも手伝ってそれぞれで完結しているのではないでしょうか。このような「隔ての中垣」を取り除こうと、2019年度に前院長の松本宣郎先生のもとで、10回にも及ぶ宗教センター構想検討会議が開催され、2020年度に発足したのが宗教センターなのです。

本来、キリスト教教育は、人間の全年齢層を貫く一貫教育です。幼児期の祈りから始まって、思春期、青年期、成人期、そして終活期に至るまで、聖なるイエス・キリストの前で自らの卑小さを覚えることによって、人間は「心の目」を養い、個人の尊厳を尊び、人格を完成に近づけ、他者との共同性を獲得していくのです。

新しく誕生した宗教センターが、東北学院に新しい歴史を刻みつけ、そしてこのHPが皆様に東北学院のスクール・モットーであるLIFE LIGHT LOVE(いのち・ひかり・あい)を発信していく場となることを期待しています。


東北学院宗教センター主任
原田 浩司

ご挨拶

2022年4月から東北学院宗教センター主任を務めています。宗教センターは幼稚園から大学院まで、各学校のキリスト教の活動を支え、活発化するために、相互の交流を深めながら、「東北学院」全体のキリスト教活動と理解を一つに結ぶ絆となるべく、2020年4月に発足しました。

特に東北学院のスクールモットーである「LIFE LIGHT LOVE」の精神に即して、各学校がよりよいキリスト教の教育と活動を行えるようサポートすることが、この宗教センターの大切な役割です。

宗教センターでは、各学校を包括した出版物である「いのち ひかり あい」、説教集「水のほとりに」、「キリスト教活動のしおり」をはじめ、季刊紙である「チャペルニュース」や「水曜通信」などを企画、編集、発行しています。これら刊行物は紙媒体としてだけでなくこのホームページにも掲載されていますので、是非ご覧ください。また、地域に開かれた「水曜公開礼拝」の実施や「教職員聖歌隊」の活動も支援しています。

土樋キャンパスのラーハウザー記念礼拝堂に宗教センターの事務室があります。キリスト教について、学生の皆さんからの質問や相談も受け付けていますので、気軽に立ち寄ってください。


東北学院宗教センターチャプレン
野村 信

ご挨拶

皆さま、こんにちは。

2022年4月に東北学院宗教センターチャプレンに就任しました野村信です。よろしくお願いします。短く宗教センターについてご紹介します。

宗教センターは、学院全体のキリスト教活動をつなぎ、交流を深め、各学校の働きを支える役割を担います。いくつかの出版物の発行や催し物などを企画します。土樋キャンパスのラーハウザー記念礼拝堂に事務室がありますので、学生の皆さんからのキリスト教についての質問や相談も引き受けます。気軽に立ち寄ってください。

なお、昨年度センターで出版した印刷物は、センター編「いのち ひかり あい」第2号、第3号、説教集第2号「ひかりの中に」、「2022年度 キリスト教活動のしおり」、「水曜通信」などがあります。これらは、このホームページ内に掲載されていますので是非ご覧ください。皆さまの御支援をよろしくお願いします。